グルメバーガーの先駆者!原宿のハンバーガーショップ「THE GREAT BURGER」から100%プラントベースのハンバーガー10種類登場!

2007年東京・原宿にオープンした「THE GREAT BURGER」。

口コミだけで行列が絶えない人気店となり、グルメバーガーブームの火付け役に。お店のコンセプトとして「僕たちの大好きな南カリフォルニアを感じられる場所で、ただ食事をする場としてではなく、人と人が出会い繋がっていき様々な人たちが交流する場としても存在していきたい」とあるように、お店に入った瞬間ハッピーオーラを纏うスタッフたちによって、友人宅に来たような気持ちにさせてくれる。

ヴィーガンライフを送る方にとっては、これまでこちらのお店に縁がなかった方も多いのでは。しかし、ご存じの方もいると思うが、ヴィーガンドーナツやクッキーの販売もある原宿のドーナツショップ「GOOD TOWN DOUGHNUTS(ベーカリーカフェ「The Little BAKERY Tokyo」内に併設)」の系列店だ。

その他、「渋谷ストリーム」にある「THE GREAT BURGER STAND」など都内を中心に日本を代表するオシャレな飲食店を6軒展開している。今回、ビックニュースとしてお届けしたいのが「THE GREAT BURGER」から、100%プラントベースバーガーが登場したことだ。

美味しさはそのまま、完全植物由来の食材で作ったバーガー10種類のラインナップは全部制覇したい。開発秘話を含め、こだわりポイントなどをオーナー・車田 篤氏へ話をうかがった。

プラントベースバーガーを提供しようと思ったきっかけは?

ヴィーガン・プラントベースといった言葉を一般的に日本で耳にするようになったのはここ数年の話だと思います。しかし、海外では数十年前からレストランにいけばヴィーガン・ベジタリアンメニュー(オプション)がありますし、ヴィーガン専門店もあります。

「GOOD TOWN DOUGHNUTS」は2015年にオープンしました。2017年には、ロサンゼルスに姉妹店である「GOOD TOWN DOUGHNUTS USA」をオープンしたんですが、その時、偶然にも隣にあったのが地元ではかなり有名なヴィーガン専門店でした。その専門店を訪れた後にカフェ利用してくださるお客様が徐々に増え、お客様の要望として多かったヴィーガンドーナツの開発&販売をスタートしました。

その後2018年より、「GOOD TOWN DOUGHNUTS」でもヴィーガンドーナツの販売をスタートしましたが、その時は〝ヴィーガンって何ですか?“と聞かれることも多く、ヴィーガンメニューを打ち出したところで購入してくれる人のほとんどが外国人でした。時が経ち日本でもヴィーガン認知が広がりはじめ、ノンヴィーガンの方もレギュラードーナツ同様に購入されるようになりはじめました。

日に日に多くの反響をいただくようになり、ヴィーガン需要の高まりを実感しはじめ、このような需要にもっと応え「食の選択肢をさらに広げていきたい」と思っていたときに、ニコウトレーディング株式会社が手掛ける完全植物性代替肉ブランド「MEATLESS FUTURE」と出会い、プラントベースバーガーの開発がスタートしました。

プラントベースバーガー開発にあたり苦労した点はありますか。

今回のプラントベースバーガーの開発には約1年以上かけて試作と情報収集を繰り返しました。国内においても数年前と比較して植物性食品(食材)のレベルが格段とあがってきたこともこのバーガーの実現に大きく影響しています。

初めから「プラントベースバーガーだからここまでしかできない!」そういった妥協案ではなく、開発に協力させていただいた「MEATLESS FUTURE」はじめ、高いクオリティのプロダクトを開発してくださったメーカーさんのおかげでこのレベルのバーガーを実現することができたと思います。

通常のハンバーガーのパティは110gを使用するのですが、プラントベースのパティは120gで作ることでしっかりと食べ応えあるパティに仕上げました。また、直火のグリルで焼き、香ばしさもプラスしています。

バンズはこれまで提供してきた、天然酵母の自家製「ブラウンバンズ」がベースですが、卵やバターといった乳製品を豆乳・植物油に変更し、もっちりふわふわで歯切れの良いバンズを新たに開発しました。

ソースは、卵不使用でありながらコクを出すために、これまで培ってきた燻製の技術を活用し、プラントベースの特製燻製マヨネーズを作り上げました。噛んだ瞬間、鼻から抜けるスモーク感がよりジャンク感が強いハンバーガーに仕上がっていると思います。

すべてプラントベースでありながら『THE GREAT BURGER』のハンバーガーの美味しさをそのまま楽しめる自信作です。

プラントベース市場に期待することはありますか。

アメリカでは、健康目的などから“週末だけ”“週に2~3日だけヴィーガン”など、気軽にヴィーガンフードを取り入れている人が実は多いです。

極端なことを言うと、プラントベースのハンバーガーは豆腐サラダの集合体みたいなヘルシーフードで、大人になるにつれて重いものが食べにくくなる方にも罪悪感なく食べていただける点もメリットだと思っています。

「100%プラントベースバーガー」を通して、肉の代替食品のイメージを変え“昨日は食べすぎたから、今日はプラントベースにしよう”“野菜だけだと物足りないからプラントベースにしよう”といった感じで、食のシーンの幅を広げていきたいですね。

食の選択肢を広げることによって、より多くの方にみんなで一緒に食を楽しむ文化を東京・原宿から作っていきたいです。

―――車田様、ありがとうございました。

ここからは、VEGANLIFE編集部スタッフの食レポです。プラントベースバーガーは、10種類のラインナップがありますが、日本ではここでしか味わえないのでは?と思っている「プラントベースベイクドアップルチーズバーガー」とお腹が減っていたので(笑)ナゲットもオーダー!

プラントベースのチーズとベイクドアップル(甘じょっぱい)とのバランスが絶妙なのと、燻製の香りが鼻から抜けた瞬間、一瞬プラントベースということを忘れましたね。お世辞抜きにして、これまで食べたプラントベースバーガーの中でNo.1です。バンズのもちふわ感、ソースのコクとパティの完成度に感動しました。

車田さんにお伝えしたら、まだまだ進化させてますから!と目をキラキラと輝かせていました。

10種類のバーガーを全部制覇するのが今年の目標ですが、追加でオーダーしたプラントベースのナゲットも植物性と言われなければ全くわからないほどの出来栄えでした。個人的には通常のナゲットよりもこちらの方が好きでした。

<プラントベースバーガー10種ラインナップ>
・プラントベースバーガー 1,815円
・プラントベースチーズバーガー 2,035円
・プラントベースダブルチーズバーガー 2,750円
・プラントベースハラペーニョバーガー 2,200円
・プラントベーステリヤキバーガー 1,980円
・プラントベースアボカドモッツアレラバーガー 2,200円
・プラントベースマッシュルームバーガー 2,200円
・プラントベースグリルドパイナップルバーガー 1,980円
・プラントベースベイクドアップルバーガー 2,035円
・プラントベースベイクドアップルチーズバーガー 2,255円
・プラントベースナゲット(5個) 660円

キャンプ、BBQ、ピクニック、子供たちとのおうち時間におすすめなハンバーガーキットはオンラインでも購入可能です。

バンズ・パティ・チーズがセットになったバーガーキット「THE GREAT PLANT BASED BURGER FOR YOUR HOME(2食付き、3,200円)」

<店舗情報>
店名:THE GREAT BURGER(ザ グレート バーガー)
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-5 1F
電話番号:03-3406-1215
営業時間:11:30~22:00(定休日:年末年始)

画像:THE GREAT BURGER
構成/テキスト:服部めぐみ

関連情報