ヘルシージャンクフードを次々と生み出し、SNSでも話題の『2foods』とは。

SNSや口コミで話題となり、コロナ禍においても注目を集めているプラントベースフードブランド『2foods』を手掛ける株式会社TWOの代表取締役CEOの東義和(Yoshikazu Azuma)さんに日本における菜食メニュー普及のために大切にしていることを伺いました。

株式会社TWO 代表取締役CEOの東義和(Yoshikazu Azuma)氏

『2foods』は、味覚を刺激する美味しさ「Yummy」と食べることでカラダを整える健やかさ「Healthy」の2つを併せた、“ヘルシージャンクフード” をコンセプトに置き、地球環境への配慮、エシカルな社会実現のために動物性原料不使用、植物性由来原料のメニューで2021年4月にローンチ。2022年4月現在、都内6店舗(2foods 渋谷ロフト店、銀座ロフト店、アークヒルズ店(六本木)、八重洲地下街店、麻布十番店、ラボキッチン(人形町))にてプラントベースのカフェおよびオンラインショップを展開しています。

2foodsが考えるプラントベース事業について

『2foods』では動物性原料不使用で植物性原材料のみで製品展開をしていますが、あえて“ヴィーガン”といった言葉を全面に出さず、 “ヘルシージャンクフード” というコンセプトを設定しています。ジャンクフードのような“五感を刺激するやみつき感”を追求し、そこに健康やエシカルという要素が付加されていることで多くの方に新しい価値観やカルチャーとして提供できると考えたからです。この分野において重要なことは、カルチャーとして市民権を得ることだと思っています。そのため、非常にブランディングにはこだわっています。

これだけは譲れない、2foods運営ポリシーとは

ジャンクフードのようにリーズナブルでやみつきになるプラントベースフード開発を目指し、2foodsのブランディングと体験価値の高いプラントベースメニューの認知や喫食機会を増やすことを目的に、店舗展開を強化しました。

メニュー開発にあたっては、菜食主義者だけでなく、様々な分野の「食」のエキスパートが知見を持ち寄り、試行錯誤を重ねデビューにいたっています。弊社の製品をご利用いただいたお客様からは、「ジャンクフードなのにヘルシーなのはうれしい!プラントベースのイメージが変わった、本当に美味しい」などといった声が寄せられています。ヘルシーとジャンクフードのギャップを狙い、商品展開をしていますので、こういったお客様の声は我々が2foodsに込めたより幅広い層に受け入れてもらうというコンセプトを後押ししてもらって気持ちになり嬉しいです。

2Foodsの人気製品をご紹介ください。

2foodsオリジナルプラントベースドーナツ

カラフルにコーティングされたドーナツは、見た目からは想像がつかないほど実はヘルシーなんです。合成着色料、化学調味料などの添加物不使用で、乳製品や卵など動物性由来の原料も不使用です。さらに、油は低トランス脂肪酸のものを選び、特殊なフライヤーで吸油率を50%に抑えるなどこだわっています。

特殊玄米粉使用・グルテンフリーの「生食感の濃厚ガトーショコラ」

オンラインでも販売している、「生食感の濃厚ガトーショコラ」は、濃厚なカカオのインパクトと口溶けが特徴の製品です。外側はしっとりなめらかな舌触り。内側はとろりとクリーミーな半熟食感。2つの食感が楽しめる2層仕上げています。また、厳選した玄米粉、アーモンドミルク、オーガニックシュガーなどヘルシー素材だけで作り上げました。

こってり「濃厚やみつき担々麺」

その他、ジャンクフードの代表格でもある担々麺をヘルシーフードとして開発した「濃厚やみつき担々麺」は、スープには豆乳、胡麻、ピーナッツ、ソイミートなどナチュラルで健康的な素材を使用しカロリーを抑え、お肉を食べているような肉肉しい旨味が口に広がるベジ肉みそ、6種のスパイスをオリジナルブレンドした2foodsオリジナルラー油を使用。最後の一滴まで飲み干しても罪悪のないこだわりの一品です。

ぜひ、2foodsの店舗でジャンクフード×ヘルシーフードの融合をお楽しみください。

お取り寄せできる、製品はありますか。

先ほど、紹介させていただきました「生食感の濃厚ガトーショコラ」ほか、2022年3月に発表した、カゴメさんとの共同開発商品第一弾『2foodsプラントベースオムライス』です。

カゴメさんは、日本が誇るオムライスNo.1を決定する「オムライススタジアム」などを主宰するくらいオムライスの玄人です。そんなカゴメさんと動物性のオムライスを超えるような植物性のオムライスを作ろうと、新たな挑戦をしました。

2foodsプラントベースオムライス

最大の難関はプラントベースでふわとろの卵の実現でした。「食」の未来のため、チーム一丸となり試行錯誤を重ね、遂にコレステロールゼロ・動物性原材料不配合でこれまでの常識を覆すプラントベースのエッグ「エバーエッグ」が誕生しました。たまごが実現できても、プラントベースのオムライスにはならないため、その次にチャレンジしたのが動物性原料不配合のデミグラスソースとチキンライスづくり。コクや食感を出す工夫は企業秘密ですが、店舗で召し上がっていただいた方の声をSNSなどから拝見すると弊社の思いが確実に伝わっており、プラントベースメニューのイメージを覆すことができたのではないかと思っています。

応援購入ができるプラットフォーム「マクアケ」にて4月20日まで販売中(2022年 5月末までに順次お届けを予定)ですので、ぜひエバーエッグを使用したふわとろオムライスをお試しください。

▼【2foods×カゴメ】食のテクノロジーと職人の技が創った絶品ふわとろオムライス▼
https://www.makuake.com/project/2foods_kagome_omelet-rice/

調理は10分以内で、誰でも簡単にキレイに盛り付けができます。今回はあえて、ソースを先に盛り付けしています。

まるで、老舗洋食屋のふわとろ本格オムライス!? プラントベースエッグとは思えない!ふわとろ食感の感動を味わってみて

2foodsがプラントベースを通して、実現したい未来について

プラントベースフードの商品開発に留まらず、その背景にあるカルチャーや価値観を世の中に普及できるリーディングカンパニーとして「食」のスタイルを普及していきたいと思います。

画像提供:2foodsさん(一部、VEGAN LIFE編集部撮影)
文・構成:服部めぐみ

関連情報