市販で買える!ヴィーガンプロティン「#ピープロティン」について

タンパク質は食事から採ることももちろん大切ですが、忙しい朝やトレーニング後など手軽に栄養補給ができることから人気・注目を集めている植物性プロテインでエンドウ豆を使用した「ピープロテイン」。

最近では、エンドウ豆の栽培が家畜の飼育ほど水とエネルギーを使用しないことから環境問題にも配慮された製品としてサスティナブルなタンパク質としても注目されています。

ピープロテインのメリット

同じ植物性プロティン「ソイプロテイン」と比較してみるとピープロティンは、タンパク質の量が約2倍近く多いのも特徴となっています。

また、BCAAというアミノ酸が豊富に含まれているのが特徴で筋肉を増やすトレーニングをされる方はプロティンを摂る際に意識される方も多いのでは。

その他、鉄分とマグネシウムが豊富なことから、女性が健康や美容目的でピープロティンを選ばれる方も増えているそう。

ピープロティンのデメリット

ホエイや大豆と比較すると1gあたりの値段が高いこと、必須アミノ酸の一つであるメチオニンの含有量が少ないのがデメリットです。お米やホウレンソウなどにメチオニンは含まれているので普段の食生活で意識して摂取しましょう。

その他、デメリットとして挙げるとすれば、独特な豆の味です。ただ、最近登場している「ピープロティン」は、ある程度フレーバーでマスキングがされており美味しく飲めるのが特徴です。

おすすめのピープロティン

ダイエットだけでなく、サプリメント変わりにピープロティンを積極的に摂られる方も多いのでは。今回は、素材にもこだわり美容・健康の面からもおすすめできる製品を2つご紹介します。

1.NOVA SCOTIA/オーガニックプロティン(カカオ&メープル)21g¥430 210g¥3,564 630g ¥10,260

今回は、お水で割りましたが、ソイ・アーモンドミルクなどと割るのもおすすめです。

濃厚なカカオのコクとメープルの香りが美味しいJAS有機認定オーガニックプロテインパウダー。

高い抗酸化能力を持つペルー産カカオ、食物繊維や鉄分が豊富なデーツ、67種類のポリフェノールを含むカナダ産メープルシロップがブレンドされており、ほんのり甘く美味しいので、毎日無理なく続けられます。甘すぎるのも飽きてしまうので、このくらいの甘さがちょうどいい。飽きないフレーバーです。また、チアシードがふくまれており水を吸って膨らむので通常のプロティンより腹持ちが良い感じがします。

<ポイント!>
USDAオーガニック、カナダオーガニック、EUオーガニック、有機JASの認証を取得。合成添加物は一切不使用の無添加でグルテンフリー、ソイフリー、人工香料・甘味料・着色料フリー、遺伝子組換え(GMO)フリーなので、小麦・牛乳・大豆を含めず、ヴィーガン仕様に。

2.ソライナ・プロティン/ダークチョコレート 20g ¥430 500g¥5,378

ピープロテイン、マカ、カカオをミックスした100%植物性プロテインで、ダークチョコレートのフレーバー。
こちらもNOVA SCOTIA同様にに甘すぎないのが特徴。

<ポイント!>
人工甘味料や合成香料不使用、その他の不要な添加物は可能な限り使わないシンプルな配合なプロティン。こちらももちろんヴィーガン仕様。

両商品ともカラダや地球環境に配慮した製品となっています。今できることを少しずつ、ライフスタイルに取り入れてみませんか。

関連情報