おうちで作れるヴィーガンスイーツ「スイートポテト」

ヴィーガン男子のYumaです。

今回は、簡単に作れるヴィーガンスイーツのレシピを紹介します。
作るのは焼き芋を使った「ヴィーガンスイートポテト」です。

僕自身スイーツづくりは苦手ですが、今回ご紹介するレシピは僕でも簡単に作ることができました。材料もシンプルなので是非お試しください。

ヴィーガンスイートポテトの作りの材料

【材料】ヴィーガンスイートポテト

【材料】
・焼きいも1本(200g)
・ココナッツミルク大匙1
・甘味料(米飴)大匙半分
・ココナッツオイル大匙半分
・ココナッツフレーク(無くても可)

ヴィーガンスイートポテトの作り方

ココナッツフレーク以外の材料をすべて混ぜ合わせ、滑らかになるまで攪拌します。

成形して角皿に並べ、ココナッツフレークを振りかけます。

180度で予熱したオーブンで15分焼きます。

全体に焼き色がついていればOKです。粗熱を取り、冷蔵庫で2時間以上冷やして完成です。

ヴィーガンスイートポテト作り方のポイント

・さつまいもは蒸かしてもいいですし、オーブンで焼きいもを作るところから始めてもいいですが、スーパーで焼き芋を買うのが一番お手軽でおすすめです。

・蒸かし芋で作る場合は、焼き芋とは芋の質感(ねっとり感、水分率)が違ってきます。さらに芋の糖度も個体差があるのでココナッツミルクや甘味料の量は味を観ながら調節してください。

・今回は焼き芋の皮をそのまま器として使いましたが、お持ちの型やカップに入れて焼いても大丈夫です。ただし今回のレシピは冷やし固めるまではかなり柔らかいので、餡をそのまま成形して型なしで焼くのは難しいかもしれません。

ココナッツが苦手な方におすすめのヴィーガンスイートポテト作り方

ココナッツの香りが苦手という方は、他のもので代用していただいて大丈夫です。具体的には、ココナッツミルクはアーモンドミルクやオーツミルクなど(豆乳だとあっさり過ぎるかもしれません)。

ココナッツオイルはカカオバターや菜種油でも。(低い温度で凝固する油が理想ではあります)
ココナッツフレークは無くても全然大丈夫です。

ヴィーガンスイートポテトづくりの仕上げに!卵黄の代わりに塗るもの

一般的にはつや出し、焼き色付けとして卵黄を刷毛で塗ってから焼成に入りますが、ヴィーガンの場合はなしでも構いません。

もしくは「アガベシロップ」、「メープルシロップ」、または「米飴を少量の水で溶いたもの」を卵黄の代わりとして塗っても良いです。

【もう一工夫】おうちで作るヴィーガンスイートポテトがよりおいしくなる方法

今回は焼き芋のねっとりとした滑らかな食感を活かす形で仕上げましたが、「食感のアクセントが欲しい!」という時には、カカオニブを餡に混ぜるのがおすすめです。ココナッツオイルやココナッツミルクの香りとカカオニブの香りは相性も良く、カカオニブのカリカリした食感が癖になります。カカオニブが手に入りづらい場合は、ヴィーガンチョコチップでも構いませんがその場合はカカオ70%以上のものを使うと甘くなり過ぎないのでお勧めです。

また、アーモンドやクルミ、ヘーゼルナッツなどお好きなナッツを軽く砕いてトッピングするのもおすすめです。
その上から先ほどご紹介したようなお好みのシロップを卵黄の代わりとして塗って焼くとトッピングしたナッツがキャラメリゼしたようにつやつやになって見た目も一層おいしく仕上がります。

大人のヴィーガンスイーツとしては、バニラビーンズバニラエクストラクトブランデーラムなどの洋酒を少し加えていただいても良いと思います。

【まとめ】ヴィーガンスイートポテト作り

焼き芋から出る糖蜜の風味と米飴の風味は非常によく合います。さらに米飴はメープルシロップやアガベシロップと違い、ねっとりした甘味料なので、その点でも焼き芋とよく合います。

生クリームを使わなくても、ココナッツミルクにココナッツオイルを少し足すことで濃厚な美味しさを再現できます。材料さえそろってしまえば混ぜて焼くだけの簡単レシピなので、是非チャレンジしてみてください。

関連情報