まるで魚?次世代シーフードを使って「ヴィーガン寿司」を試してみた!

ほんものそっくりな次世代シーフードと言われる、あづまフーズ株式会社より登場している「まるで魚」シリーズをご存じでしょうか。

まるで魚シリーズ/あづまフーズ(株) 画像:公式HPより拝借

年末、ヴィーガンの方々と食事をする機会があり、「ヴィーガン寿司」としてシェフに握っていただきました。

まぐろ、サーモン、イカと見た目は驚くほどホンモノに近いもの。食感は、目をつぶって食べたらわからないほど再現されています。
こんにゃく粉、食塩、ゲル化剤、トレハロース、ソルビット、調味料、着色料(合成、天然)、水酸化カルシウム で作られているそうです。

醤油などで漬けにしてあったネタは、生魚が苦手という方にもおすすめです。
また、サーモンはカルパッチョとして、イカは梅しそ巻きとしていただくのもおいしそうです。

「梅しそ巻き」画像:公式HPより拝借

多様化する食のニーズに対応し、このような食材が登場することは有難いですね。

関連情報