ヴィーガンライフに欠かせない「植物性ミルク」。種類は?使いやすさは?

ヴィーガン男子のYumaです。
牛乳を飲まないヴィーガンにとって植物性ミルクの存在は不可欠です。しかし、種類が豊富でそれぞれ風味が異なるので、どれを買えばよいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、種類が豊富な植物性のミルクについて特徴と合わせてご紹介します。植物性ミルク選びの参考になれば幸いです。

豆乳

「調整豆乳」と「無調整豆乳」がありますが、おすすめは断然「無調整豆乳」です。

成分無調整の為、甘味料の添加がなくお料理にも使え、ソイラテや紅茶と割る時もお好みによって甘さの調節が可能です。

「調整豆乳」の場合も、もちろんそれらの目的で使用できますが、火を入れれば入れるほど水分が蒸発して甘味が凝縮されていくため、豆乳を煮詰めて濃厚なクリームソースを作る際に「調整豆乳」を使用する場合は、仕上がりが甘くなりすぎることがありますので注意してください。

コーヒーと豆乳の相性

豆乳は、大豆の香ばしい香りが強いため、コーヒーの繊細の香りが消えてしまいます。そのためコーヒーの香りを楽しみたい方は、牛乳で作ったラテやオレと比べると物足りなさを感じる方もいらっしゃると思います。豆乳は、牛乳のような濃厚な口当たりがないので、さっぱりと楽しみたい時にお勧めです。

アーモンドミルク

牛乳に負けないほどの濃厚な口当たりが人気のミルクです。

重めの飲み口とアーモンド特有の深い香りが感じられる一方で、甘味がなく渋みや苦みを感じられるミルクで、加熱による分離が起きやすいのが特徴です。その為、煮込み料理には向きません。料理の仕上げに入れて味をマイルドにするなどの使い方が良いかもしれません。

コーヒーとアーモンドミルクの相性

アーモンドミルクとコーヒーの相性は良いです。
しかし、作り方に注意が必要です。アイスラテを作る場合、落としたばかりのエスプレッソにすぐアーモンドミルクを入れてしまうと分離、ホットの場合もアーモンドミルクを温めすぎると分離してしまうので注意が必要です。

コーヒーと合わせるとさらに苦みの主張が強くなります。普段無糖でコーヒーを楽しむ方でも、アーモンドミルクで作る場合はほんの少し甘味料を足すと牛乳で作る物に匹敵する美味しさです。

おすすめは筑波乳業株式会社 濃いアーモンドミルク シリーズ。

筑波乳業_濃いアーモンドミルク ※画像は公式HPより拝借しました。

比較的一般的なスーパーで見かけることが多く、添加物も海外産の物より少ない印象を受けます。さらに「ほんのり黒糖入り」や「甜菜糖入り」など、甘味料の入ったタイプもあるので、コーヒーと合わせる際はこちらを使うとより手軽に楽しめると思います。

ライスミルク

ライスミルクは、各社差はあるかもしれませんが、比較的風味の弱いミルクで汎用性が高いと言われています。

豆乳やアーモンドミルクのような香ばしさはなく、甘酒のようなお米の優しい甘みを感じられます。

牛乳と比べると脂肪分が少ないので、油が添加されているものが多いです。その為、飲んだ時に口当たりに若干の違和感を覚えるかもしれません。

コーヒーとライスミルクの相性

ライスミルクとコーヒーの相性は良いです。
特にカフェオレを作る際に使用することをおすすめします。

コーヒーではありませんが、一番おいしかった飲み方は抹茶ラテでした。

アレルゲンゼロなので大豆やアーモンドがNGな方でも安心して楽しめるミルクです。

オーツミルク

オーツミルクは、最近では一般的なスーパーでも見かけるようになりました。
癖がなく、自然な甘みを感じられるミルクで分離もしづらいので扱いやすいです。
添加物が沢山入っていることが多いのが難点。油脂や増粘剤、香料や酸化防止剤などかなり加工されたものが多く流通しているので、購入の際には成分表示をチェックしてみてください。

コーヒーとオーツミルクの相性

オーツミルクとコーヒーの相性は非常に良いです。

ラテにしても分離しづらく、甘味料を入れなくても自然な甘みを感じられ、コーヒーの香りをほとんど邪魔しません。

ヘーゼルナッツミルク

ナッツ特有の強い香りとはっきりとした甘みを感じられるミルクです。

香料が添加されていることが多いので、成分表のチェックが注意です。ヘーゼルナッツ香料やバニラフレーバーと表記があるものは香りが強い場合があります。

コーヒーとヘーゼルナッツミルクの相性

ヘーゼルナッツミルクとコーヒーの相性は非常に良いです。
スイーツ系ドリンクとしてコーヒーを飲みたいときに、ベストマッチです。

キャラメルラテのような香ばしい香りと甘味で癒されます。

【まとめ】ヴィーガンライフに欠かせない「植物性ミルクの種類」と「おすすめな使い方」

一番汎用性が高いのは、やはり「豆乳」だと思います。

手に入れやすく、価格も安定していて、なんといっても製法や原料がシンプルであることが多いのが魅力。メーカーによる味の差が少ないのもうれしいポイントです。

癖が少なく、アレルゲンの心配がないという点でオーツミルク(※)やライスミルクもおすすめです。豆乳以外の植物性ミルクは基本的には調整乳飲料と考えた方がよさそうです。メーカーによって同じミルクでも味わいがかなり違ってくるので、成分表示をよく確認して自分のお気に入りを探してみてください。

※グルテンフリーとして流通していますが、麦類に対してアレルギー症状を引き起こす方は摂取を控えてください。

最後に、植物性ミルクを紅茶と合わせるならチャイティーがおすすめ。
ホットティーにする場合、温めると特に香りが引き立つ植物性ミルクは香りを楽しむ紅茶とは相性はよくありません。フレーバーの強いスパイスティーと合わせると美味しく頂けます。

関連情報