ヴィーガンとベジタリアンの違いは? 実はいろいろ。菜食の種類

ヴィーガン男子のYumaです。

今回は、ヴィーガンとベジタリアンの違いと菜食の世界でおさえておきたい4つの種類について詳しくご紹介します。

ベジタリアンは一般的に菜食主義者と訳されます。対してヴィーガンは完全菜食主義者といわれ、ベジタリアンよりもさらに厳格な制約の下で生活を送っています。その他にも、細かな違いを含めて20種類近く存在するベジタリアンです。

違いを抑えておきたい4つの菜食グループとは

多岐にわたり、同時に曖昧な菜食の世界

ヴィーガンとベジタリアンを日本語で表すと、完全菜食主義と菜食主義のためヴィーガンの下にベジタリアンが位置づけられると考える方も多いのではないでしょうか。

しかし実際はベジタリアンが菜食グループの総称で、ベジタリアンの中にヴィーガンやペスクタリアンなど細分化されたグループが存在しています。日本では「ゆるヴィーガン」や「週一ヴィーガン」などという表現も広がってきており、各グループの境界線は曖昧になってきています。

ここからは、特に違いをおさえておきたい4つの菜食グループについて解説します。

フレキシタリアン

セミベジタリアンとも言われ、常時菜食を実践しているわけではないものの、自ら積極的に動物性食材を口にしない人達を指します。

健康面の心配からたまにお肉や卵を消費している人や、人付き合いで仕方のない場合に限り一般的な食事も楽しんでいるという人など理由は様々ですが、状況や体調に応じてフレキシブルに対応しているという点で、ゆるヴィーガンや週一ヴィーガンはこのグループに属していると考えられます。

オボラクトベジタリアン

オボ=卵、ラクト=乳製品は消費するが、お肉やお魚を口にしない人達を指します。卵と乳製品を摂るオボラクトは、オボベジタリアン(卵は食べる菜食者)とラクトベジタリアン(乳製品は摂る菜食者)にさらに分かれます。

ヴィーガン

完全菜食主義で、お肉やお魚はもちろん、卵や乳製品、出汁や蜂蜜も口にしません。

五葷(ごくん)と言われるネギやニンニクを避ける「オリエンタルヴィーガン」、菜食に加えて革製品やプラスチック製品の使用、購入も避ける「エシカルヴィーガン」、健康の為のみに目的を絞って菜食を実践する「ダイエタリーヴィーガン」などに細分化されます。

マクロビオティックも動物性食材のすべてを避ける点でヴィーガンに属すと考えられます。玄米菜食と訳されますが、「身土不二」や「一物全体」などの仏教用語が垣間見れるように、西洋で生まれた菜食とはそもそもの思想体系に違いがあります。

ペスクタリアン

ぺスクリタリアンは「お肉を食べない」がキーワード。魚介類を摂取する菜食者を指します。中には卵や乳製品を摂る方もいます。

その他の菜食グループとは

フルータリアン

果物やナッツ類などのみを摂取する菜食者を指します。

リキッダリアン

水やスムージーなど、植物性の液体のみで生活する菜食者を指します。

ローフード

非加熱食材、非加熱調理の食品や、46度以下の低温調理の食品を摂る方たちを指します。ローフードであれば動物性の食材も口にする方もいます。

日本における菜食とは

日本での本格的な菜食思想の根付きは大化の改新以降だと言われています。それまでも肉食の禁止は発令されてきました。

日本書紀に拠れば、天武天皇四年(675)の4月17日条で4つの肉を禁止しています。

  1. 牛、馬:農耕の際に有益のため
  2. 犬:番犬として親しまれていたため
  3. 猿:人間と姿が近しいため
  4. 鶏:時告げ鳥としての役割があったため

この際、当時多く食されていたシカやイノシシの肉は禁止の対象外でした。

後にも肉食の禁止や殺生の禁止は行われており、中国から仏教が伝来された際の日本には既に特定の環境下では肉食や殺生を控える文化が出来ていたために、菜食の受容も比較的容易だったと推測されています。さらに中央集権的な国家形成に仏教思想は役だった為に、菜食の思想も受け入れられたとする意見や、島国で放牧には向かず、魚類からのタンパク源摂取に慣れていた国民にとって、肉食の禁止はハードルが低かったとの意見もあります。

しかし同時に、菜食とは言っても政治や仏教の観点、さらには農耕の豊作を願って行う儀式的な意味合いで肉食や殺生を一部禁じたに過ぎず、現に僧侶でさえも隠れて肉食を行っていたとする記述もあるのだそう。

そう考えると西洋に端を発する菜食の思想とは違う事はもちろん、もともと日本人は菜食だったとする考え方にも多少の違和感があります。

日本の場合を考えてもこれだけの地域性があるように、現存の菜食の種類にも地域差や個人差があります。

例えば四季がはっきりしている日本では厳格にローフードの生活を送ることは困難かもしれません。夏は比較的容易だとしても、冬に非加熱食や低温調理のもので暮らすのは注意が必要です。

このように、自分の地域や生活スタイルと照らし合わせて無理のない範囲で実践していくことが大切です。

今回ご紹介した以外にも沢山の菜食グループが存在していますので、実践される際は自分に合った方法で無理のないように、そして他の菜食についても相互理解を深めていきましょう。

関連情報