ヴィーガン対応のヘアケアシャンプー5選

じめじめとした天気が続くこの季節、頭皮にも環境にもやさしいヴィーガンシャンプーを採り入れて、すっきりと整えてみませんか。VeganLife編集部が厳選したヴィーガン対応のヘアケアシャンプーをご紹介します。

ボリューム ヘアバス/O-WAY

1948年イタリアのボローニャで創業した国際的に認められたecocertとbioagricertの認定済みオーガニックブランド。O-WAYブランドの中でもxVolumeシリーズは、ハリコシ、強さを与えるボリュームアップに着目したラインで、細く、柔らかい髪にボリュームとしなやかさを与え、根元から立ち上げふんわりとした仕上がりに。細毛、コシのない髪の方、トップにボリュームのない方は特におすすめです。そのため、このシーリズは髪を重くしてしまう可能性のある、コンディショナーやマスクはあえて作ってないのも特徴です。梅雨時期、髪がペタンとなりやすい方は「ボリューム ヘアバス」をチェックしてみてください。

※画像はメーカー様の公式HPより拝借

シャンプー バー/エティーク

2019年に日本に初上陸して以来、話題を集めているニュージーランド発のサスティナブル美容ブランド『エティーク』。エティークのシャンプーはボトルやチューブなどのパッケージを一切排除し、ごみを削減した固形タイプ。あらかじめ泡立てておく必要はなく、予洗いした髪に直接塗り付けて使用します。「固形シャンプーなんて泡立つの…?」と思うかもしれませんが、意外なほどにしっかりと泡立つので、泡立ち重視の方にもおすすめです。

つやをプラスしたいノーマルヘアには「ピンカリシャス」、デリケートヘア、頭皮ケアには「ヒーリ キウィ」、くせ毛、広がりには「フリッツ ラングラー」…と、髪の仕上がりやお悩み別をベースに選ぶことができるラインナップ。

 

※画像はメーカー様の公式HPより拝借

リプレニッシュシャンプー/Authentic Beauty Concept

Authentic Beauty Conceptは、すべての製品に自然由来の素材のみを使用し、さらには成分の抽出方法にもこだわり抜いたヘアケア製品の開発を行っている、“究極のヴィーガンヘアケアブランド”。ブランドの信念をもとにユニークな美容集団と共同で生み出され、プロの美容師さんからも支持が高いのが特徴です。ヘアタイプにより数種類のシャンプーがありますが、中でもリプレニッシュシャンプーは、メープルシロップとピーカンナッツの栄養成分により、ダメージヘアを強く輝きのある髪へ導くライン。乾燥やカラー、パーマによるダメージが気になる人におすすめしたい製品です。

 

※画像はメーカー様の公式HPより拝借

エアリースムース シャンプー/VIJECT

英国ヴィーガン認証を取得しているヘアケアブランド『VIJECT』。植物由来のケア成分で髪のダメージを補修しながら、ヘアカラーの色落ちを防ぐ成分も配合するなど、リッチな洗いあがりが魅力のシャンプーです。ラインナップは、さらさらとした質感をつくる「エアリースムース」と、しっとりとした仕上がりに導く「モイストリッチ」の2ライン。500mlで1800円(税別)と比較的手に取りやすい価格も魅力です。

※画像はメーカー様の公式HPより拝借

クリアリーグロッシングシャンプー ST/ザ・ボディショップ

カラダのすみずみまでケアできる製品が自慢のベジタリアンビューティーブランド『ザ・ボディショップ』。なかでも「クリアリーグロッシングシャンプー」は100%ヴィーガン対応のヘアケアアイテムです。イタリア産のストロベリー果汁が贅沢に使用されており、フルーティーな香りとすっきりとした洗いあがりに思わずうっとりとしてしまいます。

 

※画像はメーカー様の公式HPより拝借

エシカルな視点がが大切。髪にも環境にもやさしいヴィーガンシャンプー

パッケージがかわいい、香りがいい、使い心地がいい…。シャンプーを選ぶ理由はさまざまですが、これからは「髪にはもちろん、地球環境にもやさしいものを選ぶ」という視点が大切です。ヴィーガン対応のシャンプーはクルエルティフリー(動物実験をしていない)であったり、地球環境にも配慮して作られていたり…と、やさしさのもとで作られているものが多いのも特徴です。ぜひその開発ストーリーをシャンプーを選びのポイントに加えてみてはいかがでしょうか。パッケージがかわいい、香りがいい、使い心地がいい…。シャンプーを選ぶ理由はさまざまですが、これからは「髪にはもちろん、地球環境にもやさしいものを選ぶ」という視点が大切です。ヴィーガン対応のシャンプーはクルエルティフリー(動物実験をしていない)であったり、地球環境にも配慮して作られていたり…と、やさしさのもとで作られているものが多いのも特徴です。ぜひその開発ストーリーをシャンプーを選びのポイントに加えてみてはいかがでしょうか

 

関連情報