【ヴィーガン調査】2022年ヴィーガンが期待することとは

昨年末に、インターネット調査によりヴィーガンの方90人にご協力いただきまして「2022年、ヴィーガン市場がこんな風になっていたらいいなと思うこと 」について教えていただきました。

【調査概要】
調査実施時期:2021年12月17日~26日
手法:インターネット調査

飲食店・レストランでヴィーガンオプションが増えること

「飲食店のヴィーガン対応が増えて欲しい」との声が最も多く、

「ヴィーガンのお店が増えるというよりも、ヴィーガン対応が増える事でヴィーガンでない方との食事もしやすいですし、ヴィーガンでない方の選択肢も増えると思う」

「代替肉や植物性のチーズとか変更可能!みたいにカスタムできたら嬉しい」

もっと外食店舗が見つけやすいようになってほしい」

とのご意見をいただきました。

みんなで一緒に楽しい食事ができる未来を期待したいですね。

手軽にヴィーガン食材が手に入る環境に

「もっと色々なところで気軽にヴィーガン商品が買えるようになってほしい」

「ヴィーガンのマークが普及して原材料を見なくても買い物がスムーズに出来る様になってほしい」

「普段のスーパーでも安心安全なヴィーガン食材が購入できるようになってほしい」

「駅ナカや足が運びやすいところに、ヴィーガンコーナーがもっとできたら利用しやすくて有り難い」

とのご意見をいただきました。

気軽に手に入り、添加物が少なくカラダにも良いヴィーガン食品の普及されることを期待したいですね。VEGANLIFE編集部ではカラダにも良いヴィーガン食品情報を調査しサイト内で情報を発信していきますね。

偏見がないヴィーガンライフを送れる環境づくり

「もっともっと挑戦しやすくなったら嬉しいです。”意識が高い”と悪い文脈で使われなくなるくらい日常に取り入れられるようになってほしい」

「”環境に良い””意識が高い””余裕のある人が~”などのネガティヴイメージを払拭して美味しく楽しく食事の選択肢として広がって行けばいいな」

とのご意見をいただきました。

VEGANLIFE編集部では、美味しいヴィーガン食、カラダにいいこと、環境によいこと意識し発信いきたいと思います。

その他

「無添加のヴィーガンアイスやヴィーガンスイーツがもっと増えてほしい」

「ヴィーガンにもいろいろ種類があるのでそれがもっと認知されて、より多くの人に受け入れられるものになってほしい」

「環境問題を理由に本格的なヴィーガンになりましたが、ただ美味しいからヴィーガン食を選ぶ、みたいになれば良いのかなと思います。そこから環境や動物の事なども広まっていけばいいなと」

「動物を殺すことはもちろん悲しいことだし、知るべき事実だとは思いますが、動物虐待の観点からだけでなく、自分自身が健康になれたりなどのメリットを伝えるような市場になってほしい」

 

今年も、VEGANLIFE編集部をよろしくお願いします。

関連情報