和食

ごはんがすすむ!ふきのとう味噌

苦みが得意でない方は、しっかりアク抜きしてから調理するのが美味しく食べるコツ。下ごしらえはとっても簡単!ゆでてから水にさらすだけ。

用意するもの(材料)

材料
分量
ふきのうとう
8~10個(約80g)
サラダ油などの植物油(米油、なたね油、太白ごま油)
大さじ1
味噌 
大さじ4
みりん
大さじ1
調理酒
大さじ1
甜菜糖
大さじ2

作り方

1

ふきのうとうは鮮度が重要です。刻んだらすぐに温められるように、ふきのとうを切る前にフライパンか鍋に分量の油を入れ極弱火にかけておきます。

2

調味料(味噌、みりん、甜菜糖、調理酒)を混ぜて、味噌だれを作っておきます。

3

油をひき、ふきのうとうを炒めます。

4

ヘラで混ぜながら1~2分ほど、ふきのとうがしんなりして火が通ったら混ぜ合わせた調味料を入れて水分を飛ばします。

5

味見をして甘さが必要であれば、甜菜糖を加えてください。完成です!

ポイント

【下処理の仕方】
1.根元を切り落とし、褐色の葉を除きます。
2.湯1.5ℓに対して塩大さじ1を加え、ふきのとうを入れて3〜4分ゆでます。
3.流水で洗い、水を替えながら(15分~2時間程度置きます)。ふきのうとうは採れた場所などによってアクの強さが異なります。そのため、水にさらす時間はふきのとうによって様子を見ながら調整することをおすすめします。