2022年下半期注目!豆腐から作る植物由来の代替食品「TOFU MEAT(トーフミート)」

 

VEGANLIFE編集部が、2022年下半期注目する植物由来の新食材「TOFU MEAT(トーフミート)」についてご紹介します。

TOFU MEAT(トーフミート)とは

TOFU MEAT(トーフミート)は、株式会社トーフミート(本社:山口県宇部市、代表取締役社長:村上 英雄)が製造販売する国産大豆100%の豆腐から作った、高たんぱく・低カロリー、コレステロール0のヘルシーなミンチ肉タイプの代替肉。

低カロリーな上に、タンパク質が動物性たんぱくより多く、食物繊維が多いのが特徴。ヴィーガン、ベジタリアン、フレキシタリアンなど、地球環境や身体のことを考えて、お肉の摂取を制限している方にもおすすめの製品です。

TOFU MEAT(トーフミート)のこだわり原料

1.国産大豆100%

原料となる豆腐は、100%国産で遺伝子組み換えではない大豆のみを使用。豆腐の製造にも消泡剤などの添加物は使わず、にがりのみ使用し、大豆のうまみだけを凝縮。

2.無添加醤油

TOFU MEAT(トーフミート)オリジナル、ノンシュガーに使用している醤油は、こだわりの木桶醤油。木桶仕込みの醤油は、長年の歳月を経て、木桶や蔵に住み着いた酵母菌と、天然の微生物の働きで添加物を加えなくてもうまみのある醤油が特徴。

3.有機黒糖

TOFU MEAT(トーフミート)オリジナルに使用している黒糖は、有機栽培のサトウキビから作った黒糖を使用。

4.八丁味噌

TOFU MEAT(トーフミート)オリジナル、ノンシュガーには国産大豆のみ使用し添加物を一切使用していない八丁味噌を使用。

5.旨味原料

国産昆布粉末、国産椎茸粉末、菜種油(遺伝子組換なし、圧搾法)、天日塩を使用。

大豆ミートとの違いとは

豆腐を特殊製法により一般的な大豆ミートと比較して、大豆の臭いを90%以上低減、食感(噛み応え)弾力数値は2倍以上となっているので、限りなくお肉に近い味と食感を表現。

TOFU MEAT(トーフミート)レシピ ※公式HP参照

トーフミートとご飯を混ぜるだけのおにぎり
材料(1~2個分)
TOFU MEAT(トーフミート):20〜30g(お好みで)
玄米ご飯(白米でもOK):200g
天日塩:小さじ1
海苔:2枚

作り方
1.ボウルに玄米とTOFU MEAT(トーフミート)を入れて混ぜる。
2.半分ずつの量に分ける(好きな個数にしてください)。
3.手を濡らして天日塩小さじ半を両手になじませ、ご飯をとり握る。
4.もう半分も同じように握って、海苔を巻いたら出来上がり!

その他、ハンバーグ、麻婆豆腐、ティラミスなど様々な料理に動物性食品の代替食品として使用いただけます。

 

関東初上陸!TOFU MEAT(トーフミート)が試食できるイベント

関東初となる試食販売会を2022年6月25日(土)、26日(日)にMUJI 新宿 2階にて開催。

■開催概要
開催期間:6月25日(土)・6月26日(日)
営業時間:11:00〜20:00(なくなり次第終了の可能性あり)
場所  :MUJI 新宿 2階 食品フロア

■イベント概要
トーフミートを使ったアレンジレシピのご試食と冷凍の状態のトーフミートの販売を同時に開催。

今回の試食体験会のために無印良品の人気レトルト商品「素材を生かした キーマカレー」にTOFU MEATをプラスしたアレンジ料理のご用意も。

・本物のビーフハンバーグのような味と食感を実現した植物由来のオリジナルバーガーパテ
・クリームチーズの代わりに TOFU MEATを使ったティラミス
・無印良品の「素材を生かした キーマカレー」にTOFU MEATをプラスしたアレンジ料理

関東地区では手に入ることのない、「TOFU MEAT」を実際に試食体験いただくことができます。ぜひ、この機会にトーフミートを体験してみませんか。

関連情報