VEGAN業界最大の祭典「VEGAN AWARDS 2022」受賞者&企業発表!

2022年4月30日に、日本の VEGAN/プラントベース業界最大の祭典である「VEGAN AWARDS 2022」が開催され、9名の個人・企業が受賞し、先日発表がありました。これまでVEGANLIFE編集部でインタビューさせていただきました企業様、個人の方々も各部門で受賞されていました。改めておめでとうございます!

VEGAN AWARDSについて

「VEGAN AWARDS」は日本のヴィーガニズム発展に貢献する個人・団体・企業を 100 名ノミネートし、その中から特に貢献された方を表彰する日本の VEGAN/プラントベース業界最大の祭典です。
ノミネート・受賞者は自身がベジタリアンである必要はなく、医学・学術・料理・動物愛護・YOGA・健康・環境・美容・メディアなど、あらゆる分野でアジアのヴィーガニズムの発展に尽力する個人・団体・企業を対象にして表彰します。

VEGAN AWARDS実行委員会について

審査委員長:余語啓一(株式会社かるなぁ 専務取締役)
審査委員:小野篤人(株式会社染野屋 代表取締役)
審査委員:下川祠左都(TOKYO-T’s 株式会社 代表取締役)
審査委員:白井由紀(株式会社 アインソフ 代表取締役 )
審査委員:小川博行(株式会社 CHAYA マクロビフーズ 代表取締役)
審査委員:吉田光佳(株式会社veg works 代表取締役)

「VEGAN AWARDS 2022」の企業賞受賞「2foods」

SNSや口コミで話題となり、コロナ禍においても注目を集めているプラントベースフードブランド『2foods』。味覚を刺激する美味しさ「Yummy」と食べることでカラダを整える健やかさ「Healthy」の2つを併せた、“ヘルシージャンクフード” をコンセプトに置き、地球環境への配慮、エシカルな社会実現のために動物性原料不使用、植物性由来原料のメニューで2021年4月にローンチ。2022年4月現在、都内6店舗(2foods 渋谷ロフト店、銀座ロフト店、アークヒルズ店(六本木)、八重洲地下街店、麻布十番店、ラボキッチン(人形町))にてプラントベースのカフェおよびオンラインショップを展開。

受賞理由について:
TWO が手掛けるプラントベースフードブランド「2foods」は、日本でも「ヴィーガン」のスタイルを、お洒落でポップに新しい世代と共に広め、日本のヴィーガンスタイルの発展に尽力している点が評価のポイントになりました。(by プレスリリース抜粋)

株式会社 TWO 代表取締役 CEO 東 義和 氏からのコメント:
「VEGAN AWARDS」のような大変格式のある賞を受賞致しました事を心より嬉しく思います。
昨年の 4 月に 2foods 事業をローンチしてから、コロナ禍における目まぐるしい環境の変化に対応しながら事業を推進して参りました。この一年間を賞という形でご評価を頂きました事は事業に関わるメンバー全員、大変光栄に感じております。
2foods は独自のアプローチにより、多くの方々にプラントベースフードを身近な食のオプションとして普及するカルチャーを創造する事が使命であります。また事業を拡大することで社会、世界、地球が直面している食の課題解決に少しでも貢献出来るよう、引き続き邁進していきます。(by プレスリリース抜粋)

プラントベースフードブランド『2foods』とは

以前に、VEGANLIFE編集部では、代表取締役CEOの東氏にインタビューさせていただきました。その際に、日本における菜食メニュー普及のために大切にしていることを伺いました。

インタビュー記事についてはこちら

動物性原料不使用で植物性原材料のみで製品展開をし、あえて“ヴィーガン”といった言葉を全面に出さず、 “ヘルシージャンクフード” というコンセプトを設定。そのため、お店に訪れる方はノンヴィーガンの方も多いとのこと。

VEGAN AWARDS 2022 受賞者について

大賞「ネクストミーツ株式会社」

2020年6月創業。代替肉の研究開発を行い、圧倒的なスピード感で、国内外に事業を展開する。”地球を終わらせない”という理念のもと、日本発の代替肉ブランドとして、より良い地球環境を次世代へつなぐため、食に新たな選択肢を提案し、世界に挑んでいる。(by VEGAN AWARDS)

文化貢献賞「室谷真由美 氏」

ビューティーフード協会・日本ヴィーガン協会 理事長、環境省アンバサダー。
ヴィーガンのお店開拓3100店舗以上、講演会、美容や栄養専門学校にて講師、飲食店プロデュース・監修なども行い、ヴィーガンの専門家としてTV出演・雑誌など取材多数。2018年環境大臣より表彰される。(by VEGAN AWARDS)

カフェ・レストラン賞「菜道 (SAIDO)」

2018年9月にオープンし、ヴィーガン・ベジタリアン・ハラル・オリエンタルビーガンに対応可能なギルティフリーな食材だけを使いながらも、食べ応えにとことんこだわった誰もが満足できる本格和食料理を堪能できるレストラン。身体が喜ぶものだけを使いながら味わいも深く満足感のある料理を楽しめるため、多くの方にご愛用頂いております。心癒やされる隠れ家空間で、心も身体も浄化される至福のひとときを楽しんでいただける空間となっている。(by VEGAN AWARDS)

パティシエ賞「小久保 有美 氏」

パティスリーユーピユーピパティシエ。フランス菓子、デザート類など豊富な種類のグルテンフリーヴィーガンスイーツを常時販売。液体油も一切不使用でプーファフリーも取り入れ、ヴィーガンでどこまで美味しく美しく作れるか心身共に満たされる完成度の高い菓子を常に目指す。(by VEGAN AWARDS)

アスリート賞「池田祐樹 氏」

プロマウンテンアスリート。TOPEAK ERGON RACING TEAM USA、TEAM ALTRA所属。マウンテンバイクとトレイルランの長距離種目でプロ選手として活動中。MTB長距離レースの国内第一人者。プラントベース歴:2014年〜現在。米コーネル大学プラントベース栄養学修了。(by VEGAN AWARDS)

YOGA賞「梅澤友里香 氏」

ヨガインストラクター。『強く美しくしなやかな心と身体』をテーマに内側から輝くアーサナ&ヨガライフを提案。
ヨガ的観点からもベジタリアンの実践を行い、『ヨガ』という生き方を広める。東京を拠点にレッスン・イベント出演・監修・モデル等で活動。メディア多数出演。(by VEGAN AWARDS)

WEB・メディア賞「あろえちゃん」

ヴィーガングルメグラマー。ヴィーガン料理の美味しさに感動したことがきっかけでヴィーガンの生活をスタート&東京を中心にヴィーガンのお店探しの役に立つ情報を発信。分かりやすく正直なレポが好評。ヴィーガン料理の美味しさを多くの人に広めるべく活動中。(by VEGAN AWARDS)

企業賞「株式会社ナンバースリー」

株式会社ナンバースリーは、WELLBEINGをコンセプトに、オーガニック・ボタニカルな成分を使用した、国際認証「VEGAN」取得のシャンプー・トリートメント等を製造販売する、美容室専売の頭髪化粧品総合メーカーです。ヘアケアを通じて、心も体も健康で、WELLBEINGな毎日をお届けしています。(by VEGAN AWARDS)

関連情報