ヴィーガンの間食にも!100%植物性「SOYJOY プラントベース」シリーズに注目

まるごと大豆の栄養を手軽においしく摂取できる大豆バー SOYJOY(ソイジョイ)ブランドから、100%植物性の「SOYJOY プラントベース」シリーズ2種(ホワイトチョコ&レモン、バナナ)が新シリーズとして登場するそう。製造販売元の大塚製薬様に、商品開発のきっかけやこだわりポイントなどを伺いました。

――どんな背景があり今回商品開発(SOYJOY プラントベース)がスタートしましたか。

 大塚製薬はかねてより植物性タンパク質など豊富な栄養を含む“大豆”に着目し、これまでにない新しい形でその健康価値を提供してきました。その中でも「SOYJOY」は、栄養豊富な大豆をまるごと粉にしたグルテンフリーの生地に、フルーツやナッツなどの素材を加え様々な食感や味わいを楽しめるアイテムを展開しており、大豆タンパク質やイソフラボン、ミネラルなど素材由来の栄養素をおいしくスマートに摂ることができる製品です。

これまでもSOYJOYは選ぶ楽しみが広がる新商品を追加することにより、まるごと大豆と素材のおいしさで、健康的な間食習慣をサポートしてきました。

今回の新シリーズSOYJOY プラントベースは、植物性素材の代表格であり、健康に寄与する大豆をもっと手軽に、健康を意識するあらゆる方々に摂っていただきたいと考え、開発しました。

――SOYJOY プラントベースのこだわりポイントは?

SOYJOY プラントベースシリーズは、100%植物性原料使用にこだわり、本ブランド初のヴィーガン認証*を取得しました。素材の香りと、大豆パフのサクサクとした食感で、食べ続けたい味わいを追求した高タンパクで糖質コントロールができる低GI食品です。

※NPO法人ベジプロジェクトジャパンが定めるヴィーガン認証を取得しています。この認証は、原材料として、肉・魚介類・卵・乳製品・はちみつ等、動物に由来する物質を含まないことが確認できた食品に対し付与されます。

SOYJOY プラントベース ホワイトチョコ&レモン

100%植物性のプラントベースシリーズ、濃厚な豆乳ホワイトチョコと爽やかなレモンピールの味わい

SOYJOY プラントベース バナナ

100%植物性のプラントベースシリーズ、滑らかに広がる甘く芳醇なバナナとシナモンの香りがアクセント

――SOYJOY プラントベースの開発にあたっての苦労した点は?

開発にあたり苦労した点は、100%植物性原材料のみを使用しながらも、大豆特有の風味を感じさせず、素材の自然な風味を感じて頂ける、美味しい味わいを追求した点です。

――この商品を通して実現したいことはありますか。

植物性素材の代表格である大豆の栄養を手軽に美味しく、そして楽しく摂りたい方をサポートしてきたSOYJOYだからこそ実現した、プラントベースという新たな価値を付加したラインアップで、健康的で前向きな間食習慣をサポートしていきたいと考えています。

――大塚製薬様が実施しているエシカル事業とは

大塚製薬では企業理念のもと、事業を通じた社会課題の解決に取り組み、自らの持続的な成長と健康でサステナブルな社会の実現を目指しています。

Soylution:SOY(大豆)+Solution(解決)をテーマに、大豆で地球上の健康や環境問題にこたえていけるのではと考え、大豆の栄養をまるごと、美味しく摂れるアイテムを展開しています。

――現在、大塚グループ全社的に取り組まれているプラントベース事業などはありますか。

大塚グループでは、さまざまなプランドベース食品を扱っています。プラントベース食品は注目される食志向・ライフスタイルのひとつとなっており、エシカル消費が関心を集める中、健康を考える選択、食志向・ライフスタイル、消費者の製品選択の変化に対応します。SOYJOYプラントベースシリーズはそういった方々にも手にとっていただける製品です。

北米でプラントベース食品の開発・製造・販売を行うデイヤフーズ社(弊社のグループ会社)は、植物由来の原料から作られるチーズ代替品、ドレッシング、デザートなど乳代替製品を販売。ヴィーガン、フレキシタリアンや食物アレルギーを持つ方のみならず、ミレニアル世代を中心とする新しい価値観をもつ層にも支持され、成長しています。また欧州でニュートリション エ サンテが展開するCéréal Bioは、1936年創業のフランスにおけるオーガニック食品、グルメ食品、野菜食品の歴史あるブランドです。現在、主に “Ready to Eat “または “Ready to Cook “の食品を中心に、多くの製品を展開しています。

CSRの一環として大塚製薬では、ペットボトル、プラスチック容器包装、紙製容器包装、ガラスびんにおいて環境配慮製品を展開しています。

大塚製薬 環境配慮製品について
https://www.otsuka.co.jp/csr/environment/activity/

【大塚HD サステナビリティサイト】ステークホルダーとの相互コミュニケーション活動について
https://www.otsuka.com/jp/csr/society/quality/consumer-orientation.html

――ありがとうございました!
仕事のお供に、低GI食品で間食、トレーニング後の植物性タンパク質の摂取におすすめですので試してみてください。

画像提供:大塚製薬さま
文・構成: 服部めぐみ

関連情報