いざという日のために。備えておきたい「ヴィーガン非常食」

本日、東日本大震災から10年を迎えました。改めまして、震災によってお亡くなりになられた方々とご遺族の皆様に哀悼の意を表します。

地震や豪雨、豪雪などあらゆる災害に見舞われやすい日本。だからこそ、水道やガスといったライフラインが止まってしまった場合に備えて、食料や水などを備蓄しておくことが大切です。今回は、いざという日のために備えておきたい、ヴィーガン対応の備蓄食料について紹介します。

もしも災害が発生したら…必要となる備蓄はどのぐらい? 

では、もしも災害が発生した場合、どのぐらいの備蓄が必要となるのでしょうか。

最低限備えておきたいのは、飲料水と非常食をそれぞれ3日分、それからトイレットペーパーやティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなど。飲料水は一人1日3リットルを目安に、家族の人数分用意しておく必要があります。

また、大規模災害が起こった場合は1週間分の備えが必要となるケースも。いずれも多めに備蓄しておくことが大切です。

(首相官邸HPより)引用:http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

どうなる?避難所生活。ヴィーガンやベジタリアンは個人の備えが大切に

食の多様性が広がる近年、一部の自治体ではヴィーガンやベジタリアンに対応した防災食や、イスラムの人に対応したハラール対応の防災食を備えるケースが少しずつ増え始めているようです。

とはいえ、すべての自治体・避難所で食のバリアフリー化が行われるわけではありません。緊急時はまず命をつなぐことが最優先。命にかかわるアレルギーでないかぎり、非常時の炊き出しや公共提供の防災食などでヴィーガン対応を受けるというのは、今のところまだ現実的とは言えないのが実情です。

大切なのは、個人で食の備えを十分にしておくこと。

生活だけではなく、メンタルにも大きな傷を残す被災後の生活。そんなとき、普段から食べなれているものを口にするだけで、気持ちがほっとするものです。

ヴィーガンとして生きている方はもちろん、フレキシタリアンなど厳格にヴィーガン生活を送っているわけではない…という方も、ヴィーガン対応の非常食を用意しておくことで、日常生活により近い食生活を守ることができます。

備えるなら、おなかも心も満足できる防災食を!

シンプルな白粥や長期保存の羊羹、手軽に食べられるオートミール、ナッツ類などであれば、ヴィーガンやベジタリアンでも食べることができますが、おなかは満たせても満足度までカバーすることは難しいもの。おなかも心も満たしてくれる、ヴィーガンにおすすめの長期保存食をピックアップします。

熱湯40秒で食べられる。しっかり味が嬉しい「ビバークレーション」

ビバークレーションは、登山家のために作られた真空パックの携帯食。「トマトキック」「ホッター・ザン・カレー」「ポルチーニクリーム」「海苔茶漬け」の4フレーバーで、熱湯を注いで40秒で食べられる手軽さと、味の濃いものが恋しくなる非常時に嬉しいしっかりとした味つけが人気です。また、持ち運びを想定して作られているため、避難用リュックに入れて持ち運ぶのにも適しています。

3年保存可能!世界初のヴィーガン対応防災パン「Vエイドパン」


世界初のヴィーガン対応の防災パンとして2020年に登場したVエイドパン。肉や卵、白砂糖のほか、パーム油やトランス脂肪酸、化学調味料不使用で、原材料にこだわりをもって作られています。フレーバーは「抹茶クロレラ&あずき」「黒糖レーズン&焦がしアーモンド」「スパイスカレー&完熟トマト」の3種類。缶ではなく耐熱紙コップをケースに作られているので持ち運びしやすい軽さも魅力です。

コストパフォーマンス抜群。日常利用したいヴィーガン対応シチュー

LLヒートレスシチュー」(温めずにおいしい野菜シチュー)は食品メーカー大手のハウス食品がつくるヴィーガン対応のレトルトシチュー。製造から5年6ヵ月の長期保存が可能です。野菜のとろみで温めなくてもおいしくいただけるうえ、1パックあたり生換算80gの野菜を摂ることができます。1パックあたりおよそ180円という手ごろな価格も嬉しいですね。

【まとめ】備えておきたいヴィーガン非常食

いざというときのために備えておきたい非常食。襲い掛かる非日常に心を痛めてしまいやすい災害発生時、少しでも心の安らぎにつながるよう、非常食は日常の延長としてなじみ深く味わえるものを備えておくようにしたいですね。

関連情報