ヴィーガン食をはじめることで期待できる効果とは?

ヴィーガン食は、健康に良い、美容に効果があるなどさまざまなメリットを耳にします。
では、ヴィーガン食をはじめることでどんな健康効果が得られるのでしょうか。知ればきっとはじめたくなるヴィーガン食のメリットを解説しますね。

スリムな人が多い?ヴィーガンの減量効果

ビヨンセがトライし、30キロもの減量に成功したことで世界的トレンドとなったヴィーガン食。ヴィーガン食に減量効果を感じている人は多く、ビヨンセのように大幅なダイエットに成功したという人が少なくありません。

ヴィーガンやベジタリアンの栄養状態にかんする研究は世界中の学者が行っていますが、「ヴィーガンやベジタリアンのような菜食主義者は通常の食生活を送る人よりも総じてBMIが低く、太りにくい傾向にある」と結論づけられることが多いです。また「雑食でのカロリー制限よりもヴィーガン食のほうが短期間で減量効果が得られる」という結果も出ています。

もちろん、すべての人に減量効果があるとは言い切れませんが、動物由来の食品を一切排除し、野菜や果物、穀物から栄養をいただくヴィーガンの生活は多くの人に減量効果をもたらしてくれるものだといえそうです。

ヴィーガン食は肌をきれいにするってホント?ヴィーガンの美容効果

それから、よくあがるのが「ヴィーガンの人は肌がきれい」という意見。もともと乳糖不耐症だったビリー・アイリッシュはヴィーガン食にかえたことで肌質の改善があったことを公言しています。女優のジェシカ・チャステインも、ヴィーガンになったことで肌の透明感が増したことを実感しているのだそうです。

ニキビなどの肌トラブルの原因となる可能性を指摘される肉食ですが、それをやめてヴィーガン食に切り替えることで、肌がきれいになるといわれています。深刻な肌荒れに頭を悩ませているという人はヴィーガンの実践で肌トラブルが改善するかもしれません。

一方で、ヴィーガンは「乾燥して老けて見える」という声も。肌のうるおいがなくなる理由には、たんぱく質や脂質が不足してしまうことが考えられます。ヴィーガンになって動物性たんぱく質をとらなくなったからこそ、大豆などから良質な植物性たんぱく質を補い、アボカドなどの良質な油を含んだ野菜を積極的に口にするなど、意識して栄養補給を行いたいですね。

ヴィーガン食はアスリート向き?トレーニング後の回復が速い

たっぷりと肉をいただくことで筋肉づくりに必要なたんぱく質を補うイメージが強いアスリートですが、実は、ヴィーガンを実践している人が増えています。陸上のカール・ルイスやプロボクサーのティモシー・ブラッドリーなどのトップアスリートもヴィーガンを公言しており、イギリスにはチームの食事をすべてヴィーガン食にかえたヴィーガンサッカークラブも立ち上がるほど、アスリートにもなじみ深い食のスタイルとなっています。

では、いったいなぜアスリートたちからヴィーガン食が支持されるのでしょうか。ヴィーガン食がアスリートにもたらしてくれる効果はまだまだ研究過程にあるのが実情ですが、一説では「植物由来の食事に切り替えることで、食べたものの消化に使うエネルギーを減らせるため、トレーニング後の回復が速い」といわれています。

【まとめ】ヴィーガン食で期待できる体への効果

紹介してきたように、ヴィーガン食がもたらす効果はさまざまです。とはいえ、すべての人にこのような効果が得られると断言できるものではありません。どんな健康法や美容法にも言えることですが、万人に効果をもたらすものはなく、体の状態や体との相性、正しく実践できているかどうかなども密接にかかわってきます。

ヴィーガン食をはじめるときは、いつも以上に体の調子と向き合いながらていねいにすすめることが大切です。

関連情報