ヴィーガンは攻撃的?ヴィーガンとしての在り方を考える

インターネットでヴィーガンについて調べていると、「ヴィーガンは過激で攻撃的」という意見が飛び込んでくることがあります。
はたして、ヴィーガンは本当に攻撃的でしょうか。ヴィーガンとしての在り方や、ヴィーガン以外の人との付き合い方など、今一度考えてみませんか?

いったいなぜ?ヴィーガンが“攻撃的”と言われる理由

ヴィーガンに対し「攻撃的な人が多いのでは?」と感じる人の声に耳を傾けてみると、「海外のニュースで精肉店を襲撃するヴィーガンの映像を見た」「SNSの食事画像に屠殺場の写真を紐づけてきた」「動物たちが食肉加工される過程の写真を掲げた過激なデモを行っていて嫌な気持ちになった」…など、さまざまなネガティブな理由があがります。

たしかに、ヴィーガンの一部には、動物愛護の精神からこういった過激なアクションに踏み切る攻撃的な人がいるのも事実です。とはいえ、ヴィーガンのすべてがこういった過激な思想を持っているわけではありません。

ヴィーガンになる理由は人それぞれ

ヴィーガンになるきっかけは人それぞれ。健康や美容のためにヴィーガン食を取り入れる人もいれば、動物愛護や環境保全のためにヴィーガンをはじめる人もいるなど、その思想は人によって異なります。人の価値観が十人十色であるように、ヴィーガンとしての考え方も人それぞれ異なりますから、過激な思想を持つ人もいれば、穏やかに自分が実践できる範囲でのみヴィーガンを実践する人もいるというのが実際のところです。

ヴィーガンとして生きる以上、こういった偏見や差別意識をもった人と直面する機会もあるかもしれません。では、食の思想が異なる人と共存していくにはどのような配慮が必要でしょうか。

理解してもらうには?ヴィーガンが直面する人付き合いの悩み

日本では、まだまだヴィーガン人口は少ないですよね。
今の日本でヴィーガンとして生きるうえでかならず直面する課題が、ヴィーガン以外の人との人付き合いです。特に、会食時は店選びが難しく、「せっかく会食をしても食べられるものがなくて気まずい雰囲気になってしまった」なんて経験を持つヴィーガンは多いものです。

ヴィーガンがそれ以外の人と食事の時間を共有するには、ヴィーガンであることを打ち明け、理解してもらうことが欠かせません。できれば率先して店選びを行い、ヴィーガンでも食べられる料理がある店を選ぶなど、自ら積極的に動くことも必要です。
最近では、外国人観光客の誘致するべく、文化や食の多様性に配慮したレストランも少しずつ増えつつあります。

食に対する価値観も人それぞれ。相手の価値観を尊重しよう

肉や魚、卵、乳製品といった動物由来のものを当たり前に栄養としてとらえる人たちにとっては、ヴィーガンは異端な存在に見えるものです。一方でヴィーガン(特に動物愛護の思想からヴィーガンとなった人)から見れば、動物の命をいただくという行為そのものが野蛮に見えてしまうかもしれません。

頭に入れておきたいのは、食の思想は人によって違うということ。そして食の思想には、国や文化、宗教などとも密接な関係があるということ。イスラム教徒(ムスリム)たちは豚肉を食べるのを禁じられていますし、日本人には食肉としてなじみがない犬やウサギの肉を食べる国だってあります。

【まとめ】ヴィーガンとしての在り方

ヴィーガンの考え方や思想を、そうでない人に完全に理解して貰うのはまだまだ難しいのかもしれません。大切なのは、他人の食の思想を尊重するということ。

たとえ自身の思想と合わない場合であっても、人には人の思想があるものです。思想を押し付けるようなことはせず、相手の意思を尊重したうえで、互いの思想や価値観に理解を示しあうのが理想ではないでしょうか。

関連情報