続かないダイエット。失敗しないために、運動初心者が意識すべきトレーニング方法とは

ヴィーガン男子のYumaです。
ヴィーガンライフを送る方の中には、これまでフィットネスや筋トレといったワードとは無縁だった方もいらっしゃるのでは?ないでしょうか。

ヴィーガンを楽しみながら健康的なスタイルを目指したい。

でもいざトレーニングを始めると、「やり方がわからない」「トレーニングを楽しめない。」「簡単なトレーニングが出来ない」
そんな悩みを抱える方も多いはず。今回はそんな方にこそ読んでほしい内容をシェアします。

ポイント:「自分勝手」でOK!運動するうえで大切なこと

もし「初心者向けのトレーニングができない」と悩むことでトレーニングに対するモチベーションが持続できていないとしたら、
一度、自分にとっての適切、適度な運動レベルを考えてみてはいかがでしょうか。

一般的に言われる、トレーニング強度を上げる、トレーニングをこなす頻度を上げるこれらの目的を一旦忘れ、次のような目的を持つことから始めましょう。

  • 運動することを純粋に楽しむ
  • 運動することに対してポジティブな印象を持つ

時勢的な事情もあり賑わいをみせているフィットネスブームに伴って、様々な方が様々な媒体でフィットネス、ダイエットに関する情報を発信されていますが、ここで気を付けていただきたいのは、発信者側がいくら趣向を凝らして情報を発信しても、受け取り手である私たち一人ひとりにとっての「適切」の度合いは文字通り千差万別であるという事です。

つまり、必ずしも自身にとっての最適なトレーニング方法ではないこともあるということです。

ひょっとしたら、これまでスポーツとは無縁で体を動かすという行為自体になれていない方にとっては、頭で思い描いた通りに体を動かすという経験が浅く、筋トレよりもまずはその訓練から始めた方が良いかもしれません。

まずは外に出て、お散歩というには少し早い、くらいのスピードで家の周りを歩いてみる。その時姿勢に気を付けたり、いつもより少しだけ太ももを高く上げて歩いてみる。このくらい簡単なことからスタートすることで、運動することのモチベーションが持続できるかもしれません。

また、どこに気を付けると、どのあたりの筋肉が動くのか、意識したことをカラダで再現するにはどのようなプロセスを踏めばいいのか、そういったことを体感として何となく覚えていくことが、最適解かも知れません。

ポイント:俗にいう、初心者向けのトレーニングは自身に合ったトレーニングでないことも

自分がこれまでどのような生活を送ってきたのか、どのような環境にいたのかなどの過去の自分自身を一度整理しておかないと「初心者向けの簡単トレーニング」を万が一こなせなかった場合、後の手がなくなってしまいます。

そればかりか「初心者用の運動すら満足にできないんだ。」と、運動をすることに関してネガティブな記憶が残る事になってしまうかもしれません。

しかしこれは間違いです。
仮にそのトレーニングが出来なかったとしても、それはその運動があなた自身向けではなかっただけの話です。どんな運動が自身にとっての適度なのかは、自分と向き合って導き出すしかありません。

自分にとっての適切を知り、自分に合ったペースで続けていくトレーニングやダイエットは、一時的なカラダから習慣的なカラダへと自分を作り替える作業です。習慣化された運動が、習慣的にカラダを維持してくれるのです。

リバウンドのリスクという面から見ても、僕はこの方法が正しいトレーニング方法だと考えています。

逆に、自分にとって適切でない方法で行うトレーニングやダイエットは、何とか継続して体重を落とせたとしてもリバウンドのリスクが高い確率で伴います。そして無理なトレーニングはそもそも続かない場合がほとんどです。

なぜなら、無理なトレーニングは自分を騙す作業だからです。騙し終えた瞬間(目標の体重に到達した瞬間)に、脳は元の生活に戻れる喜びでいっぱいになります。

まとめ:初心者向けのトレーニングで抑えるべきポイント

これから少しずつ運動をする習慣を身に着けようと考えている方や、これまで何度も挑戦してきたけど失敗続きだったという方は、自分にとっての適切を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

・まずは家の周りを歩く(軽く走る)などで、運動することにカラダを慣れさせる。
・寝る前などにストレッチをして、カラダを動かす事で伸びる筋肉を意識してみる。
・腕立て伏せは膝をついて3回だけでも全然OK。自分のペースで楽しむことを考える。

関連情報